Pocket

「よろこびの泉」が心に沸きあがる

「よろこびの泉」が、心の中に沸き起こりますように。

そんな願いを込めて、この「よろこびの泉」を発刊いたしました。

聖書の中には、イエス・キリストに出逢って、その心の中に

「よろこびの泉」が沸き起こった方が数え切れないくらい出てきます。

ユダヤはサマリヤ地方の「井戸に水を汲みに来た女性は、その代表とも言える存在です。

 



その水をわたしに下さい。

サマリヤのスカルという町に1つの井戸がありました。

熱い炎天下の中、一人の女性が水を汲みにくるのです。

夕暮れに、涼しくなってから井戸に水を組にくるのが普通でした。

この女の人は、人目を避けるようにして水を汲みに来たのです。

そんなサマリヤの女性にイエス様は、「わたしに水を飲ませて下さい」と言われたのです。

しかし,わたしが与える水を飲む者は,いつまでも,渇くことがない

女の人はびっくりしました。

当時、ユダヤ人はサマリヤ人を軽蔑していました。そして、女性というだけで蔑視されていたような時代、

ユダヤ人の男性がサマリヤ人の女性に話しかけるなどということは、まず、考えられないことだったのです。

しかし、イエス様はこの女性に語られました。

 

「この水を飲む者はだれでも,また渇くであろう。」

水を飲んだ時は、「ああ、心が潤されるようだ」と思っても、時間が経てばまた喉が渇いてしまいます。

ところが、イエス様は続けてこのようにおっしゃいました。

「しかし、わたしが与える水を飲む者は、いつまでも渇くことが無い」

「そればかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、沸きあがるであろう。」

 



あなたには夫が5人いたが、

今暮らしている男性も、あなたの夫では無い

サマリヤの女性は、その水を飲みたいと思いました。

しかし、イエス様は、その女性が抱えている本質的な問題をずばりと答えられました。

この女性は、今まで5回も結婚していたのです。

「この男性ならば、私を幸せにしてくれるかも知れない」

「私を本当に満たしてくれるに違いない」

そんな風に考えていたのかも知れませんね。

しかし、一緒に暮らしてみると、現実は彼女が望んでいた者とはまったく違っていたのです。

5人も夫を取り替えたこの女性は、ふしだらな女のように噂された事でしょう。

人目を避けて、炎天下の中、こっそりと水を汲みにきたのです。

しかし、イエス・キリストに出逢い、彼女の心の中に「よろこびの泉」が沸きあがりました。

来て! 見て下さい。この方がキリスト(救い主)なのかも知れません。

このサマリヤの女性は、人を恐れていたのです。しかし、イエス様に出逢って、まったく変えられてしまいました。

彼女は、自分の大切な水がめを放り出して、町に向かって走っていきます。

 

彼女の心は喜びでいっぱいでした。

「どうかみなさん来て、そして、見てください。私たちが待ち望んでいたキリスト(救い主)が現れたに違いありません」

そして、町の人たちもイエス様の話しを聞き、そして、「よろこびの泉」が心の中に沸き起こりました。

聖書 ヨハネの福音書4章5節から30節まで。

これは、今から2000年前の出来事です。

しかし、この2千年の間に、数え切れない人の心の中に「よろこびの泉」が沸き起こりました。

そして、今日、あなたの心の中に喜びが満ち溢れる。

そんな願いを込めて心から祝福をお祈りしています。

 

2018年3月17日

祈りの家出版

代表 荒木 徳之

 

このブログは、「にほんブログ村」に参加しています。

↓のボタンを押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

写真は「サンタス・クレウス修道院」 無料写真素材 PhotoACより